【新台紹介】Pスーパー海物語INJAPAN2(三洋)

 2015年にリリースされ、その後は甘デジ「with桃太郎電鉄」や金富士バージョンも依然、ホールで人気の“海ジャパン”の続編が登場する。

 大当たり確率が約299分の1か約276分の1の2段階がある、海ミドルでは初の設定付き台。確変突入率60%で時短80回転。最大払い出し出玉が10Rで約1350発という仕様だ。

 プレー自体は海の伝統を受け継いでいるが、注目したいのは、より豪華けんらんになった「ジャパン演出」。特に「ご当地演出」が大幅にパワーアップした。

 日本の全8地方から演出を選択でき、北海道地方ならマリモ、九州地方なら明太子ごはんなど、ご当地ゆかりの魚群が発生。また、一発告知の「ジャパンフラッシュ」の絵柄も、時計台(北海道)や雷門(東京)など27パターン用意されている。大当たりラウンド中はご当地別の歌で祝福され、全国の美女が方言で出玉数を知らせる機能も。

 また「沖縄4」とタイアップされたマリンちゃんの新キャラクター「アイマリン」を使った、2時間に一度訪れる特殊演出「スペシャルアイマリンタイム」も搭載。スペシャル魚群発生で大当たり確定だ。22日から導入予定。

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請