天理大の八木玲を7球団が視察 150キロをマークも2回2失点

150キロをマークした天理大・八木玲於投手
150キロをマークした天理大・八木玲於投手

◆阪神大学野球春季リーグ戦 ▽第3節 大体大5―5天理大=延長10回=(19日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 プロ注目で天理大の最速152キロ右腕・八木玲於(4年)が先発し、今季最短の2回5安打2失点で降板した。それでも、巨人、阪神など7球団のスカウトが視察した中で150キロをマークし、潜在能力の高さを示した。

 八木玲は「調子自体は悪くなかった。変化球がコースに決まらなくて、直球に頼ってしまった」と反省した。

 5―2から追いつかれて延長10回の末に引き分け。今季2勝を挙げている右腕は「今日の分を取り返して、次は0点に抑えたい」と、20日の2戦目以降に雪辱することを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請