【甲府】今季初黒星から出直し…京都戦勝利へ基本に立ち返る

京都戦へ向けた練習に熱が入る甲府の伊藤監督(中央)(右はFWウタカ、左はMF小林)
京都戦へ向けた練習に熱が入る甲府の伊藤監督(中央)(右はFWウタカ、左はMF小林)

 J2ヴァンフォーレ甲府は17日、山梨大医学部グラウンドで京都戦(20日、中銀スタ)へ向けた練習を行った。

 甲府は14日、水戸との今季無敗クラブ同士の一戦で1-2で逆転負け。チーム記録だった開幕からの黒星なしは「8」で止まり、順位を2位から5位に落とした。伊藤彰監督(46)は、敗因の一つとして、金沢や町田など縦に速いサッカーに対応する中で、甲府本来の攻守の切り替えや、前線からの守備がおろそかになっていたと分析。この日行われた約2時間の練習では、キャンプから取り組んでいた連携の確認など、基本に立ち返った。

 伊藤監督は「チームのベーシックなところを見失いかけていた。選手たちは気持ちを切り替えていて、良いトレーニングになった」と手応え。京都を破り3試合ぶりの白星を目指す。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請