馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 中京 函館

社台サラブレッドクラブ期待の2歳馬を紹介…美浦編

 隆盛を誇る、日本競馬名牝系の祖ダイナカール(1982年オークス)から、2003年の皐月賞、日本ダービーの2冠馬ネオユニヴァース、2003年のフェブラリーSを勝った砂の帝王ゴールドアリュール、2005年の有馬記念でディープインパクトを下し、翌年のドバイシーマクラシックも制したハーツクライ、ラストランの香港ヴァーズで劇的な初G1制覇を成し遂げたステイゴールドなど、現在種牡馬として大ブレイク中の名馬も輩出。他にも桜花賞を制したダンスインザムード(2004年)、マルセリーナ(2011年)、2014年の皐月賞馬イスラボニータ、阪神JF(2016年)、オークス(2017年)を勝ったソウルスターリングなど、社台サラブレッドクラブから巣立った活躍馬は枚挙にいとまがありません。

 今年の2歳世代にも、ハーツクライ、ゴールドアリュールの産駒に、マルセリーナの息子、ソウルスターリングの妹と、クラブゆかりの血統馬を始め、リーディング上位サイアー、新種牡馬の産駒たちなど、デビューが待ち遠しい魅力的でバランスのいいラインナップになっています。今回はその中から期待の関東馬6頭を紹介します。

  • ヴェルズネイ
  • ヴェルズネイ

 まず最初に紹介するのが、【ヴェルズネイ(牝、美浦・堀宣行厩舎予定、父ディープインパクト、母シャンパンドーロ)】です。母シャンパンドーロは米G1・エイコーンSの勝ち馬。母の弟ルーラーオンアイスもベルモントSでアニマルキングダムを下した星があり、まさに名牝系のもとに生を受けた馬といえます。調教開始当初は非力さがあったそうですが、気候の上昇とともにコンディションを上げ、反応も抜群で大きな変わり身を見せています。坂路コースでは、ディープインパクト産駒らしい伸びやかなフットワークを見せていて、その潜在能力の高さは疑いようがないですね。今後は素質開花に向けて、体の成長をうながしつつ、負荷を上げていくそうです。

  • オプティマス
  • オプティマス

 次に紹介するのは、【オプティマス(牡、美浦・国枝栄厩舎予定、父キングカメハメハ、母ヴェルダ)】。半姉ヴォルダは英国G1・チェヴァリーパークS(芝1200メートル)の勝ち馬と活気のあるファミリー出身です。現在、坂路コースをしっかりと折り合って駆け上がっていて、体の使い方が上手く、エネルギーを無駄なく推進力に変えている印象があります。スムーズなギアチェンジができる点にも高い評価が与えられますね。芝のマイルから中距離路線での素質開花に期待です。今後はデビューに向けて、さらにピッチを上げて、調教強度を進めていくそうです。

  • キャプティベート
  • キャプティベート

 京成杯Vのラストドラフトと同じ戸田博文厩舎に入厩予定の【キャプティベート(牡、父ハーツクライ、母カトマンブルー)】も楽しみな一頭。母は2、3歳時にかけて米国G1のBCジュヴェナイルフィリーズ3着や、重賞2勝がある実績馬。その母の父がストームキャット系で、ハーツクライ産駒の成功ポイントをしっかり押さえている配合です。父の産駒らしい可動域が広いフットワークで、伸びのある走りを見せています。仕掛ければグッと反応しそうな気配があり、ブレがなく真っ直ぐコースを駆けている点も評価できるでしょう。坂路を2本上がる日を作るなど、現在乗り込みを強化中だそうです。手先が軽いフットワークから、いかにも芝で切れる脚を使ってきそうなイメージが沸く好素材ですね。

  • ルヴィーヴル
  • ルヴィーヴル

 菊沢隆徳厩舎予定の【ルヴィーヴル(牡、父オルフェーヴル、母ストライキングアイ)】の近親には、アルバートドック(小倉大賞典、七夕賞)、リライアブルエース(中京記念3着)など白老ファームの活躍馬がずらり。栗毛で見栄えのする馬体からは偉大だった父オルフェーヴルの面影を感じさせます。気性の強さがあり、やや緩さは残るものの、直線の坂路ではまっすぐ走り切れていることから、体の芯がしっかりしていることを感じさせ、確実に上を目指せる器ですね。決して仕上がりの早いタイプではないので、今後は、成長をうながしながら馬に合わせて鍛え込んでいくそうです。

  • セクシーフェイス
  • セクシーフェイス

 【セクシーフェイス(牝、美浦・大和田成厩舎予定、父エピファネイア、母アイムオールレディーセクシー)】は、注目の新種牡馬エピファネイアと米国10勝、そのうち重賞3勝を挙げた母を持つ。フレッシュな配合デザインが魅力的な一頭です。クレバーさがあり、調教時の折り合いがスムーズでハミの取り方も良く、牝馬離れした力強い推進力で、いいフォームで動けています。心肺能力に優れ、スピード感があり、機敏さが目をひくフットワークは父エピファネイアと同じく爆発力を感じさせます。北海道での調整が順調に進んでいることから、近日中に宮城県・山元TCへ移動し、美浦TC入厩へ備えるそうです。

  • グッドフェイム
  • グッドフェイム

 すでに美浦・和田正一郎厩舎に入厩しているのが、【グッドフェイム(牝、父ヴィクトワールピサ、母グッドチョイス)】です。北海道・社台ファームでの調整が順調に進み、3月5日に社台ファームの2歳馬第1陣として宮城・山元トレセンへ移動。その後3月29日に美浦トレセンへ入厩しました。現在はゲート練習を進めていています。牧場時代から走りの正確さ、気性面の安定感は2歳離れしているとの評価だったそうですが、入厩してからもその評価は変わっていません。ゲート試験合格後は、再度山元トレセンへ移動し、早ければ東京開催でのデビューも視野に調整を進めていく予定になっています。

 来週は期待の関西馬6頭を紹介します。それでは。

 上記の馬たちが所属する社台サラブレッドクラブでは、2019年度新規会員を募集中です。詳細については、ホームページ(https://www.shadaitc.co.jp/)をご覧ください。

2019年2歳馬特集
ヴェルズネイ
オプティマス
キャプティベート
ルヴィーヴル
セクシーフェイス
グッドフェイム
すべての写真を見る 6枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請