八村塁、NBAから東京五輪 「アーリーエントリー」使い卒業待たず

NBA入りを表明した米・ゴンザガ大の八村塁(AP)
NBA入りを表明した米・ゴンザガ大の八村塁(AP)

 全米大学体育協会(NCAA)1部のバスケットボール男子でゴンザガ大の八村塁(21)が15日、4年生となる来季は同大でプレーせず、世界最高峰のNBAに挑戦することを表明した。大学卒業を待たずにドラフト対象選手となる「アーリーエントリー」制度を使用。6月20日(日本時間21日)のドラフト会議で上位指名の有力候補とみられ、ドラフト指名からNBA入りすれば日本人初の快挙となる。

 ゴンザガ大で 夢に近づいた ついに八村がNBA挑戦を決めた。自身のツイッターに「NBAドラフトにエントリーすることを家族とコーチと話し決断しました」とつづった。昨年もドラフト候補に挙がったが挑戦を見送り、大学で経験を積んできた。

 3年生となった今季は、1試合平均19・7点、6・5リバウンド。全米大学選手権は準々決勝敗退だったが、全米バスケットボール記者協会などでベスト5に選出。ウェストコースト・カンファレンス(WCC)のレギュラーシーズン7連覇に貢献してWCCの最優秀選手に輝くなど、数々の名誉ある賞を獲得した。ゴンザガ大でのプレーを「人生において素晴らしい経験。そこで新たに大きく、僕の夢に近づくことができました」と振り返った。

 これまでNBAのコートに立った日本人は2人。04年に田臥勇太(38)=栃木=が先陣を切り、18年には渡辺雄太(24)=グリズリーズ=が続いた。ともに若手の登竜門と言われるサマーリーグを経て、契約に至った。

 NBAドラフトで指名を受けた日本人は過去1人で、1981年に岡山恭崇氏がウォリアーズから8巡目指名された。当時はプロ選手が五輪に出場できず、入団しなかった。またドラフト制度は89年から2巡目までに変更された。現在は世界で60人しか指名されない狭き門だ。昨年の全体1位指名のエイトン(サンズ)は1年目から推定年俸8億円超を稼ぎ、プレー前から高評価を受けた。

 八村がドラフト指名からNBA入りを果たせば日本人初。男子日本代表は東京五輪の開催国枠で44年ぶりに五輪出場を決めた。八村は「だんだん(年齢が)上にいくにつれて、五輪でバスケの試合をやりたいと思い始めてきた」と喜ぶ。代表エースとNBAという2つの肩書を背負い、五輪のコートに立つ。

 ◆八村 塁(はちむら・るい)1998年2月8日、富山県出身。21歳。富山・奥田中からバスケットボールを始める。宮城・明成高で全国高校選抜優勝大会3連覇を達成。U―17(17歳以下)世界選手権で得点王に輝き、強豪の米ゴンザガ大へ進学。2015年に日本代表初招集。18年6月のアジアW杯予選で公式戦の代表デビューし、0勝4敗から4連勝に導いた。203センチ、104キロ。父はベナン人、母は日本人。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請