【オリックス】西浦がプロ入り初の猛打賞に3得点「かみあった感じ」

1回1死、右前安打を放つオリックス・西浦
1回1死、右前安打を放つオリックス・西浦

◆オリックス9―0日本ハム(16日・京セラドーム大阪)

 オリックスの西浦颯大外野手(19)がプロ入り初の猛打賞をマークした。初回1死で右前打、3回1死一塁で左前打、5回1死で右前打を放った。4打数3安打3得点と2番の役割を果たし、「うれしかった。1、2、3、4番がかみ合った感じです」と喜んだ。

 13、14日の西武戦は西浦・福田の並びだったが、3試合ぶりに1番・福田、2番・西浦のコンビに戻して大当たり。西村監督は「西浦が3安打で塁に出てくれて吉田正、ロメロ、メネセスで9打点。西浦の出塁が大きい」と長距離砲の活躍が目立った試合の中で19歳が果たした役割を絶賛した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請