【ロッテ】涌井、今季初勝利は無四球2安打完封! 4連敗でストップ

最後の打者を遊ゴロに打ち取り、グラブをたたく涌井秀章(カメラ・宮崎 亮太)
最後の打者を遊ゴロに打ち取り、グラブをたたく涌井秀章(カメラ・宮崎 亮太)

 ◆ロッテ6―0ソフトバンク(16日・ZOZOマリン)

 ロッテ・涌井秀章投手(32)が2安打完封で今季勝利を挙げた。通算12度目のシャットアウトで無四死球は2010年以来9年ぶり。エースが4連敗中だったチームを救った。打線はバルガスの先制打、レアードの8号満塁弾、角中の4号ソロなど大量6点で援護した。

 初回、先頭の牧原に右前打を浴びるスタート。だが、自らの暴投の間に三塁を狙った牧原を田村が三塁で刺したことが大きかった。大事な立ち上がりを無失点で切り抜けたことで波に乗った。3回2死から得点圏に走者を置いたが、要所を締めた。

 4回以降は1人の走者も許さない完璧な内容だった。

試合詳細

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請