【楽天】平石監督に強力援軍!応援ソングが完成!

応援ソング「Go For Eagles」をプロデュースしたDEEN・池森秀一(左)と平石監督
応援ソング「Go For Eagles」をプロデュースしたDEEN・池森秀一(左)と平石監督

 若き指揮官に、強力な援軍だ! 楽天・平石洋介監督(38)と現役時代から親交のあるDEEN・池森秀一が、応援ソング「Go For Eagles」を制作し、このたび完成した。

 応援ソングは、池森がプロデュースし、亜大野球部時代に巨人・北村と同期だったという異色のシンガー・小山翔吾が歌う。池森は、長年応援してきた平石監督が、昨季の監督代行から昇格することを自分のことのように喜んだという。「僕も一緒に監督、チームを応援したい、という強い思いからオファーしました。監督、スタッフ、選手たちをはじめ、楽天サポーターがひとつになれる曲を創りたかった」と制作に至った経緯を明かした。

 平石監督と池森は、共通の知人を通じて知り合ったという。その後は一緒に食事をしたり、DEENのライブに足を運ぶなど、親交を深めてきた。「戦う集団」「ファイティングポーズ」といった、平石監督がミーティングなどで多用する“キーワード”が歌詞に使われていることからも、2人の親密さがうかがえる。

 指揮官は「秀一さんは、普段から心に響くことをよくお話してくれる方なんです。今回、ファンと一緒に盛り上がれる曲を作ってくれたんですが、その気持ちと行動がすごくうれしい」と感激。「僕らがファンの皆さんに盛り上がっていただける野球をお見せして、同時にこの曲を聴いてスタンドのファンの皆さんも一緒に盛り上がってくれるとうれしいですね」と共闘を宣言している。

 また、池森は小山について「音楽の世界へは足を踏み入れたばかりですが、野球の世界に長年身を置いていた経験があるからこそ、選手達やサポーターの立場になって歌で応援することが出来る! そんな数少ないボーカリストだと思っています」と語っている。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請