ウッズが愛した日本酒蔵も大興奮 ヤヱガキ酒造「復活うれしい」

タイガー・ウッズがお気に入りの日本酒「無」の国内ブランド「純米大吟醸 青乃無」
タイガー・ウッズがお気に入りの日本酒「無」の国内ブランド「純米大吟醸 青乃無」

 日本時間15日に閉幕したゴルフのマスターズで、タイガー・ウッズ(43)=米国=が11年ぶりにメジャー制覇を果たしたことに、兵庫県の酒蔵が喜びの声を上げた。

 ウッズがフロリダ州オーランドに住んでいた当時、地元の日本料理店で好んで飲んでいた日本酒が、姫路市にある「ヤヱガキ酒造」の「純米大吟醸 無」。友人に誘われて入店した際に偶然飲んだのがきっかけで、お気に入りとなったという。

 同酒造営業部の布谷邦彦さん(61)によると、「2007年にテレビ番組でウッズ選手がウチのお酒を飲んでいるのを知りました」。その日本料理店は現在は閉店。ウッズが店に行くこともなくなったが、「以前はロサンゼルスの酒店で、『無』をケース単位で購入していただいていたと聞いている」(布谷さん)という。

 布谷さんは、今大会もテレビ観戦をしていたそうで「3日目が終わったくらいから、興奮していました。カリスマ性を持っている人の復活というのはうれしいですね。大声で本当におめでとうございます。これからも、一層の活躍を祈る次第です」と声を弾ませた。「無」は、日本では「青乃無」として、4合瓶で2916円(税込み)で販売されている。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請