【六大学】慶大が開幕連勝で勝ち点奪取、中村が先制2ランなど2安打4打点

1回1死一塁、先制の左越え2ランを放った慶大・中村は、ベンチで大久保監督(右)に迎えられた
1回1死一塁、先制の左越え2ランを放った慶大・中村は、ベンチで大久保監督(右)に迎えられた

◆東京六大学野球春季リーグ第1週第2日 慶大7―1立大(14日・神宮)

 慶大が立大に開幕連勝し、勝ち点1を挙げた。プロ注目の3番・中村健人右翼手(4年=中京大中京)が先制2ランを含む2安打4打点をマークした。

 初回1死一塁。中村が内角直球を引っ張り、左翼席に運んだ。無死一塁から2番が走者を進められず、「カバーしたい思いだった。自分の良さが消えないように、振り負けないようにした」。昨秋に初本塁打から一気にリーグ最多5発を放ったパンチ力を発揮した。

 3回の守りでは右前の打球に突っ込み適時三塁打とされたが、直後の打席で左翼線2点二塁打。「捕球ミスを取り返したいと思った」。同学年で今秋ドラフト候補の郡司裕也捕手(4年=仙台育英)、柳町達三塁手(4年=慶応)が注目を浴びる中、「郡司、柳町の慶応と言われないようにやっていきたい」と気迫を示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請