紀平梨花 来季挑戦の4回転ジャンプ「試合で絶対に決めるという気持ちで」

取材に応じ、躍進した今シーズンを振り返った紀平梨花
取材に応じ、躍進した今シーズンを振り返った紀平梨花

 フィギュアスケートの国別対抗戦から一夜明けた14日、会場となったマリンメッセ福岡で、日本代表選手が取材に応じた。シニア1年目ながら国際大会で6勝を挙げた紀平梨花(16)=関大KFSC=は今季を振り返り、「今までよりシーズンが長かった。どれも気が抜けない大事な試合で、経験になった」という。試合での目標だったショートプログラムとフリーで全3本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)成功は、惜しくもならなかった。事前の準備不足を来季の課題に挙げ、「まず、長くもつ靴を選びたい。(今季は)靴やテープであっちゃこっちゃして、(試合ごとに)ジャンプの跳び方も変わってきていた。来シーズンは自分のジャンプを固定したい」。

 来季から導入予定の4回転ジャンプについては「オフになると4回転ジャンプの練習時間も増えるので、完成度を高めていきたい。試合で絶対決める気持ちでやっていく」と覚悟を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請