東京パラまであと500日!お互いに尊重し合える社会を

昨年の東京パラリンピック2020イベントに出演した小池百合子東京都知事(左端)、仮面女子・猪狩ともか(右端)ら
昨年の東京パラリンピック2020イベントに出演した小池百合子東京都知事(左端)、仮面女子・猪狩ともか(右端)ら

 東京パラリンピック2020(来年8月25日開幕)まで、13日であと500日になった。東京での開催は1964年以来56年ぶり2回目で、夏の大会では同一都市での複数開催は初となる。64年開催の東京オリンピック後に、それまでの「国際身体障害者スポーツ競技会」という大会名から、初めて「パラリンピック」という名称が使われた。IPC(国際パラリンピック委員会)設立後の60年ローマ大会が第1回パラリンピックと位置づけられるようになっているが、パラリンピックの原点はまちがいなく東京だ。

 500日前を迎え、日本の各パラスポーツ競技団体からもSNSなどでアピールが相次いだ。パラアスリートの各マスメディアへの露出が増え、NHKや民放などパラスポーツの関連番組が相次いで放送されるようになった。昨年末には東京都主催で大規模なパラスポーツイベントが開かれた。俳優の風間俊介(35)や“百獣の王”ことタレント・武井壮(45)、元AKB48の篠田麻里子(33)が熱心に応援、取材を重ね、不慮の事故で「車いすアイドル」になった仮面女子・猪狩ともか(27)=スチームガールズ=もパラスポーツの普及に一役買っている。車いすチャレンジユニット「ビヨンドガールズ」の小澤綾子(36)、梅津絵里(41)、中嶋涼子(32)らも障害者の“かわいそうな人”というイメージを払拭するために笑顔を届けている。

 私は20年間で4回心臓の手術を重ね内部障害1種1級になったが、スポーツ紙を発行している会社の理解のおかげで社会復帰を果たし、記者を続けながら障がい者スポーツ指導員として活動している。その中でパラスポーツのイベントに参加する人数が増えていることを実感する一方で、体育館や公営プールの利用開放が不足している点や、各施設のバリアフリー化の進展が遅れていることなど、まだ障害者やパラスポーツへの理解と協力が足りないと感じることがある。

 最近では所属する企業や大学などから、スポーツ用義足や義手、競技用車いすなどに数百万円単位の補助金が出ることも。一般企業がスポンサーとなって専用の練習場を提供することもあるが、それはほんの一部だ。

 日本を代表するパラリンピアンでさえ、遠征費用や、競技用具を装着する自分自身のメンテナンス、サポート用具のメンテナンスを自費で賄っている人たちがいる。それでもパラスポーツの発展を願って啓発や普及活動を続けている。

 健常者も障害と交流を持てば、必要以上に“壁”を作ることもなくなってくれるだろう。パラスポーツを実際に観戦してもらえれば、人間の可能性や限界を超えたパフォーマンスに素直に驚いてもらえると思う。現にパラアスリートが小学校などを訪問すると、子供たちはアスリートの姿に目を輝かせている。まず知ってもらうこと、その上でサポートを願いたい。もちろんこちらも、「サポートしてもらうのは当たり前」と考えるのではなく、手助けしてもらったことに感謝を忘れてはいけない。互いに尊重し合える社会になればと思う。

 2度目の日本開催となった1998年冬季長野パラリンピックで、日本は41個のメダルを獲得した。あるパラリンピアンは「パラアスリートのゴールはメダルを取ることだけではない」と語り、別のパラリンピアンは「自国開催は、その国の選手が強くないと盛り上がらない」と力を込めた。

 日本を代表するパラアスリートにも自由に練習できる環境を作ってもらいたい。アスリートたちにとって、もちろん東京大会が大事なことには変わりないが、人生はそこで終わりではない。2022年冬季は北京大会、その後は24年パリ大会が待っている。次の世代にバトンをつなぐためにも盛り上がりの火を消さないように、その後の関心継続にも力を入れていきたい。(記者コラム・松岡 岳大)

 ◆日本開催パラリンピックの日本勢メダル獲得数

 1964年・東京大会 金1個、銀5個、銅4個 計10個
 1998年・長野大会 金12個、銀16個、銅13個 計41個
 2020年・東京大会 ?

 ◆他国開催パラリンピックの日本勢メダル獲得数(上位)

 2004年・アテネ大会(ギリシャ) 金17個、銀15個、銅20個 計52個
 1988年・ソウル大会(韓国) 金17個、銀12個、銅17個 計46個
 2000年・シドニー大会(オーストラリア) 金13個、銀17個、銅11個 計4

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請