【日本ハム】清宮がマシン打撃を再開「思っていた通り振れた」

打撃練習を行う清宮
打撃練習を行う清宮

 右手有鈎(ゆうこう)骨骨折からの復帰を目指す日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が13日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でマシン打撃を再開した。

 室内練習場にてトス打撃で40スイングした後、スローボール用のマシンで25スイング。復帰へ向けて、当初の予定よりも早いペースでリハビリが進んでおり「思っていた通り振れたかなという感じ。全然問題はない。(力の入れ具合は)5、6割くらいですかね」と明るい表情で離した。

 今後は徐々に打撃練習の強度を上げていき、順調にいけば今月中にも屋外でのフリー打撃を再開できる可能性もありそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請