開幕戦の甲府“東西対決”は西に軍配!春季高校野球山梨大会

試合を締めた甲府西・今津(右)は捕手の中込と抱き合って笑顔(カメラ・竹内 竜也)
試合を締めた甲府西・今津(右)は捕手の中込と抱き合って笑顔(カメラ・竹内 竜也)

◆春季高校野球山梨県大会 ▽1回戦 甲府西8―4甲府東(13日・山日YBS球場)

 開幕戦で甲府西が8―4で甲府東を下した。“東西対決”を制し、昨夏、秋に続き3季連続の初戦突破となった。

 背番号10の今津響紀(3年)が同点の5回から2番手で登板。いきなり3連打で無死満塁のピンチを迎えたが「ビックリしたけど、仲間を信じて投げた」と、外角を丁寧に突いて後続を打ち取り無失点。流れを呼んで勝ち越すと、5回5安打1失点のロング救援で試合を締めた。

 打っては5回先頭で左越え二塁打を放ち、決勝のホームを踏んだ。6―4の8回にはダメ押しの左前2点打と、途中出場で2安打2打点の活躍を見せた。「投手が打てば相手のダメージになると思った。まず1勝が目標だったので勝てて良かった。8強を目指して頑張っていきたい」と、20日の巨摩との2回戦を見据えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請