巨人とヤクルトが平成最後、令和最初の「TOKYOシリーズ」開催

スポーツ報知
TOKYOシリーズ会見で意気込みを語った岡本和真(右)と村上宗隆

 巨人とヤクルトは今季も4、5月の計6試合を対象に共同企画「TOKYOシリーズ」を実施する。巨人の岡本和真内野手(22)、ヤクルトの村上宗隆内野手(19)が13日、東京ドームで会見を行った。

 対象試合は、4月23日(火)~25日(木)のヤクルト・巨人戦(神宮)と、5月10日(金)~12日(日)の巨人・ヤクルト戦(東京D)。4月の神宮で行われる試合は“平成最後”、5月の東京ドームの試合は“令和最初”のTOKYOシリーズとなる。

 岡本は「平成最後の東京シリーズ。良い形で締めくって、新しい元号も令和になって、いいスタートを切れるようにやっていきたいなと思います」と話し、村上は「僕は去年、東京シリーズは出場できていない。今年は出場できることがあれば、しっかり結果を残してチームの勝利に貢献できるように頑張りたい」と意気込んだ。

 同シリーズは東京に本拠地を置く球団同士の対戦を通し、東京のスポーツシーンを盛り上げていく企画で、今年で5年目を迎える。今年は巨人が創設85周年、ヤクルトが設立50周年を迎えるメモリアルイヤーでもあり、平成に両チームが繰り広げた名勝負を振り返る企画を実施する予定だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請