【新台紹介】PFスーパー戦隊(SANKYO)

 現在で全43作が放送され、来年に45周年を迎える特撮の「東映スーパー戦隊シリーズ」がパチンコになった。1975~77年放送の第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」のほか「バトルフィーバーJ」(79~80年)や「電子戦隊デンジマン」(80~81年)、最新の作品では「救急戦隊ゴーゴーファイブ」(99~00年)まで9作とタイアップしている。

 大当たり確率199.8分の1(設定1)~156.0分の1(同6)の6段階設定があるライトミドル。初当たりの確変突入率50%のV―ST機で、STの「SUPER戦隊RUSH」は120回転あり、設定1でも80%近い高継続率が売りだ。ST中は選んだ戦隊(9作中6作)によって演出が変化。また、各戦隊のリーダー格・レッドが集まるほどチャンス。

 通常時の楽しみは「戦隊集結システム」。変動中に戦隊カードを獲得すると液晶画面下に並べられ、5枚集めるたびに戦隊アイコンをストック。様々な演出カードが出現する。激アツリーチは「ロボSPリーチ」と「スーパー戦隊集結」。正義のヒーローの活躍に期待しよう。15日導入予定。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請