5月歌舞伎座で宮崎駿監督の“新作”お披露目 菊之助長男の初舞台で祝幕手掛ける

宮崎駿の描いた「祝幕」のパネルを前に笑顔を見せる尾上菊之助
宮崎駿の描いた「祝幕」のパネルを前に笑顔を見せる尾上菊之助

 歌舞伎俳優・尾上菊之助(41)の長男・寺嶋和史(てらじま・かずふみ)くん(5)が、7代目尾上丑之助(うしのすけ)を名乗り初舞台を踏む東京・歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部の演目「絵本牛若丸」の祝幕をアニメ界の巨匠・宮崎駿監督(78)が手掛けたことが11日、発表された。

 祝幕は初舞台や襲名披露興行で、後援会などから俳優に提供される特別な引き幕。今回は高さ7・1メートル、幅30・3メートル。宮崎監督は京都・五条大橋での弁慶と牛若丸を優しいタッチで描いた。

 今年12月に東京・新橋演舞場で、宮崎監督の初期の代表作「風の谷のナウシカ」(1984年公開)を新作歌舞伎として上演し、菊之助が出演することが縁で、菊之助が依頼し実現した。この日、菊之助とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(70)らが都内で会見。鈴木氏は「ナウシカの上演があるので、これは断れない仕事。何が何でも描いてもらうよう相談した」と笑わせつつ「いい機会になった。牛若丸が和史くんに似てる」と眼を細めた。親子そろって大のジブリファンだという菊之助は「本当にステキな作品。和史もとっても喜んでました。牛若丸を見て『これ僕?』って」と顔をほころばせた。丑之助が牛若丸を、菊之助は弁慶を演じる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請