「霜降り明星」せいや、三軒茶屋で家賃17万円のマンション生活「粗品は僕より高い」

東京での生活を明かした「霜降り明星」のせいや(左)と粗品
東京での生活を明かした「霜降り明星」のせいや(左)と粗品

 お笑いコンビ「霜降り明星」が10日、都内で行われた「霜降り明星食品(株)設立発表会」に出席した。

 「霜降り明星」は昨年12月の「M―1グランプリ2018」で優勝。今年3月にはツッコミ担当の粗品(26)が「R―1ぐらんぷり2019」を制し史上初の2冠を達成。今月から地元・大阪を離れ、東京進出を果たした。

 ボケ担当のせいや(26)は、東京での生活を聞かれると、「住まいは三軒茶屋に構えました。家賃は17万円です」と告白。マンションのようで「寝室が4畳でリビングも4畳。狭いと思ったら、バルコニーがデカかった」と珍しい間取りも説明した。

 粗品は「僕は家賃は言わないですよ」としたが、せいやが「僕より高い」と暴露。粗品は諦めた表情を浮かべ「大阪時代よりデカい。母ちゃんも住む計画。2人で住むことを想定した広さ。だから結構広い」と明かした。

 一方、3月に交際約3か月で女医と破局したせいやは、別れた理由について「行き違いやすれ違い」と説明。現在は友人関係になったといい、「ケンカ別れでなく、『友達に戻ろう』と握手した。ご飯に行く約束もした。男女の友情は成り立つと証明して見せます! 恋愛を超えます」と宣言した。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×