「全身がん」公表の高須院長が「入院なう」報告…心配の声集まる

高須克弥院長
高須克弥院長

 「全身がん」を公表した高須クリニックの高須克弥院長(74)が10日、自身のツイッターを更新し、入院したことを報告した。

 この日朝に「見える癌は全て取り除き免疫力を高めて癌を退治中。癌細胞の増殖を抑え弱らせる分子標的薬と癌細胞を直接攻撃するナチュラルキラー細胞の大量攻撃で癌細胞制圧しつつある」と闘病の経過を報告していた高須院長。「昨日癌友の会の麻雀、空前の大勝利だった」としたが「熱が出てきて勝ち逃げした」と発熱を明かし、「今朝から咳が止まらん。昼からの癌友の会の麻雀中止」とこの日も体調が悪いことを示唆していた。

 さらに、この日昼過ぎに「入院なう」とつぶやき、病床での写真を投稿。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が胸の痛みで検査を受けたことを報じたネット記事を貼り付けた上で「ダライ・ラマ法王と同じ」とつぶやいた。

 高須院長は昨年9月に「全身がん」であることを公表している。フォロワーからは「先生大丈夫ですか?」「お大事になさってください」「一日も早く元気になってください」「病気に必ずや打ち勝ってください」など心配する声やエールが集まっている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請