溝端淳平、8年ぶり民放連ドラ主演!「俳優人生の第2章、第1幕」

8年ぶりに連ドラ主演する溝端淳平
8年ぶりに連ドラ主演する溝端淳平

 俳優の溝端淳平(29)が、フジテレビ・東海テレビ系連続ドラマ「仮面同窓会」(6月1日スタート、土曜・後11時40分)に主演することが9日、分かった。

 民放連ドラの主演は、11年7月期の日本テレビ系「名探偵コナン 工藤新一への挑戦状」以来実に8年ぶり。放送中の6月14日に30歳の誕生日を迎える溝端が、サスペンスで大人の魅力を発揮する。

 ここ数年は舞台を中心に実力を積んできたが「蜷川幸雄さんとの出会いから舞台に没頭してきたその経験を生かすチャンスが来たと思っています。以前主演をやらせていただいた時とはお芝居に対する考え方も違いますし、今はゼロからのような心境です」と久々の連ドラ主演を新鮮に感じている様子。「今年30歳になるというタイミング、元号も変わり、俳優人生の第2章、第1幕の始まりと捉えて取り組んでいきます」と意気込む。

 同作は作家・雫井脩介氏の同名小説の実写化で、溝端が演じるのは住宅設備機器会社の営業マン・洋輔。かつて高校時代に体罰を受けた教師に対して、同窓会で再会した当時のクラスメートと軽いノリで復讐(ふくしゅう)を敢行するが、後日その教師が遺体で発見され、仲間への疑心暗鬼に苦しんでいく―という役どころだ。

 溝端は「皆、人に対して多少なりとも仮面をかぶって生きていると思うんです。さらにネット社会では匿名で思ったことを言うこともでき、人間の関係性が簡略化されていく事に僕は恐怖を感じています」と現代社会についての心境を吐露。「このドラマはそういったことをエンターテインメントとしてうまく描ける作品だと思っています。見たあとに緊迫した余韻に浸って眠れなくなるようなものをお届けしたい」と、サスペンスの世界に身も心も投じることを誓っていた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請