Wヤング平川幸男が舞台復帰 左膝と腰を手術

スポーツ報知
舞台復帰したWヤングの平川幸男(右)と佐藤武志

 左変形性膝関節症などで2月から入院していたベテラン漫才コンビ「Wヤング」の平川幸男(77)が9日、大阪・中央区のなんばグランド花月で舞台復帰した。

 終演後に取材に応じた平川は「なんとか倒れずにやれてよかった」とほっとした表情を浮かべた。

 平川によると、昨年8月頃から左膝に痛みがあり、膝をかばうせいで腰にも痛みが出て、腰部脊柱管狭窄症と診断されたという。今年2月12日に入院し、手術を行うために、持病の糖尿病を投薬などで治療。その影響もあり、体重も12キロやせて52キロになったという。左膝の手術後、中5日で腰の手術を行ったそうで、医師にも驚かれたという。

 入院中は「相方のことばっかり気になっていました。二人、できてますねん」と笑った。相方の佐藤武志(64)はその間、開店休業状態だったそうで「ヨメさん(吉本新喜劇の浅香あき恵)に食べさせてもらってました。あと12年、90歳までやってもらわな困る」と期待した。

 今も手術跡に違和感があり、貧血気味で声が出にくいなど万全ではないという。今後は週1回のリハビリを行いながら、劇場などに出演する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×