【BCリーグ】石川、白星発進 元巨人の長谷川潤3年ぶり公式戦登板で5回1失点

5回まで1失点と力投した石川の先発・長谷川
5回まで1失点と力投した石川の先発・長谷川

◆BCリーグ 石川2―1富山(7日・金沢市民野球場)

 石川ミリオンスターズは2―1で富山GRNサンダーバーズを下し、開幕戦を勝利で飾った。元巨人の長谷川潤投手(27)が先発し、3年ぶりに公式戦登板。抜群の制球力で5回まで7安打1失点と力投した。故障からの完全復活を目指し、再出発を誓った。

楽しかった74球 長谷川が3年ぶりにマウンドに戻ってきた。初回に守備のミスで1失点したが、巧みな投球術を披露した。2322人の声援を背に、5回を7安打、1失点。「最初は緊張していたが、たくさんの応援も嬉しかった。楽しかったです」。丹念に投げた74球で勝利を呼び込んだ。

 激動のプロ生活だった。BC石川から16年に巨人に入団し、同年5月の中日戦でNPBデビューを果たした。しかし、3試合の登板に終わり、右肘の故障の影響もあって17年に戦力外通告を受けた。昨年は巨人の打撃投手を務めたが「目の前で若い選手が頑張っている姿を見て、身体もまだまだいける」と現役復帰を決意した。今年1月に肘のクリーニング手術を受け、投球を始めたのは2月末。練習生契約から始め、1日に選手契約した。「マウンドに立てたのは良かったが、自分自身、出来は半分くらい」と満足はしていない。

 背番号は巨人時代と同じ96番。「ずっと使っていたので、引き締まる思いです。試合感覚を取り戻し、NPBでプレーできる身体に仕上げたい」。投球できる喜びを感じながら、古巣で再スタートを切った。(中田 康博)

 ◆長谷川 潤(はせがわ・じゅん)1991年6月15日、東京都生まれ。27歳。成立学園高、金沢学院大を卒業後、BC石川に加入。15年のドラフトで巨人から育成8位指名。巨人では3試合に登板した。186センチ、82キロ。右投右打。血液型B。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請