小平奈緒、憧れの先輩のアドバイスで平昌五輪金メダル獲得「超えるために必死になっていた」

小平奈緒
小平奈緒
三宮恵利子(2008年撮影)
三宮恵利子(2008年撮影)

 平昌五輪・女子スピードスケート、500メートル金メダリストの小平奈緒(32)が7日放送のTBS系「消えた天才」(日曜・後6時半)に出演し、憧れと恩人の存在を語った。

 長野五輪、ソルトレーク五輪代表の三宮恵利子さん(44)で、小平は小学5年の時、三宮さんが長野五輪で活躍する姿に憧れたという。その冬にサインが欲しくて“出待ち”をしていたが、恥ずかしがり屋の小平は声を掛けることができず、三宮さんの方から駆け寄りサインをしてくれたという。

 三宮さんは長野五輪で8位入賞を果たし、ソルトレーク五輪ではメダル確実だと思われたが17位に終わった。小平もソチ五輪で5位に入賞したが、その後は成績が振るわなかったという。小平は「うまくいかないときに大会でアドバイスを頂いた」と明かす。三宮さんは「焦っちゃダメだと。実力はあるんだから」とアドバイスを送った。

 「(三宮さんが)憧れで超えるために必死になっていた」という小平に、三宮さんは「500(メートル)と1000の世界記録と五輪連覇を目指してほしい」とエールを送っていた。

小平奈緒
三宮恵利子(2008年撮影)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請