菜々緒、TBS感謝祭「まばたき我慢」で“北川景子超え”に「根性ある」「感動した」と絶賛の声

菜々緒
菜々緒

 モデルで女優の菜々緒(30)が、6日放送のTBS系「オールスター感謝祭’19春」(後6時25分)の「まばたき我慢リレー」で4分4秒を記録し“北川景子超え”を達成した。

 挑戦者3人で4分まばたきを我慢すると、賞金10万円という企画。昨年秋の同番組で、女優の北川景子(32)が「まばたき我慢」4分を記録し話題となった。今回は北川の成功例があったため、3人の合計タイムが4分を超えると1秒につき1000円ずつ賞金が加算されるボーナスが設けられた。

 神木隆之介(25)、中丸雄一(35)、菜々緒の3人が挑戦。トップバッターの神木はなんと12秒で失敗。2番手の中丸は1分10秒と記録を伸ばせず、ここまで合計1分22秒。ノルマクリアまで2分38秒も残してしまった。

 アンカーの菜々緒はプレッシャーがかかる中、序盤からカメラにしっかりと目を向けると、まったく表情を変えずに「4分」の挑戦をクリア。その後は自分との戦い。コンタクトレンズが浮かんでしまうハプニングで、まぶたが震え出すも4分4秒の大記録を達成した。

 コンタクトが外れてもまばたきしない女優魂で、18万6000円のボーナスもゲット。菜々緒の奮闘にスタジオはスタンディングオベーションで「菜々緒コール」が巻き起こった。

 大記録を達成した菜々緒は「めちゃくちゃツラかったです。(どこを見て挑戦?)カメラの下辺りを見ていたんですけど、コンタクトが取れたことが分かっちゃって、そこでちょっと動揺した」と振り返った。

 SNSでは、菜々緒のチャレンジ終了後に「コンタクトが取れそうになりながらも4分近くまばたきしないとは」「女優、女の意地を感じた」「根性ある」「感動した」などの声が多数寄せられている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請