大学にもいた!「山梨のデスパイネ」江川、開幕戦で逆転2ラン

5回に左翼へ逆転2ランを放った山梨学院大・江川
5回に左翼へ逆転2ランを放った山梨学院大・江川
5回に逆転2ランを放ち「デスパイネポーズ」を決める山梨学院大・江川
5回に逆転2ランを放ち「デスパイネポーズ」を決める山梨学院大・江川

◆関甲新学生野球 1部リーグ第1節 山梨学院大4―2平成国際大(6日、群馬・上武大野球場)

 関甲新大学野球の春季1部リーグが開幕し、昨秋3位の山梨学院大は、1部リーグ復帰の平成国際大に4―2で逆転勝ちし、白星スタートを飾った。

 1点を追う5回1死一塁で、8番・江川航捕手(4年)=兵庫・神港学園神港高出身=が、左翼へ逆転2ラン。これが決勝点となり「打った感触? 正直、完璧でした」と胸を張った。

 ベンチで仲間たちにハイタッチで迎えられると、ソフトバンクの助っ人砲・デスパイネが本塁打を打った時のパフォーマンスでおなじみの、足を上げるポーズを決めて喜んだ。180センチ、80キロの右の強打者は「オープン戦で本塁打を打った時にやってみたら良かったので、リーグ戦でもやってみました」と笑顔。山梨学院高の野村健太右翼手(3年)が、「デスパイネ」の異名を取っていることとは関係ないという。

 好きな選手は、自身と同じ兵庫県出身の捕手・古田敦也氏。「スローイングがすごい」と目を輝かせたが、江川もこの日、捕手として三盗を阻止するなど攻守に活躍した。

 投げてはエース右腕の小林永人(えいと、4年)=山梨・笛吹高出身=が7回1/3を4安打2失点と試合を作った。好リードした江川は「まだ1勝。通過点でしかない。優勝が目標なので」と、5年ぶり2度目の頂点へ、まずは7日の同カードに勝って、勝ち点1をつかむことに意欲を見せた。

5回に左翼へ逆転2ランを放った山梨学院大・江川
5回に逆転2ランを放ち「デスパイネポーズ」を決める山梨学院大・江川
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請