日米のスカウトが163キロを記録した佐々木朗希を大絶賛。「ノーラン・ライアンみたい」

 今夏に韓国で開催される18歳以下のU18W杯に向けた国際大会対策研修合宿が6日、奈良県内で行われ、今秋ドラフト1位候補で大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が、ケース打撃で高校生史上最速の163キロをマーク。2回を投げ、6者連続三振を奪った。

 以下はスカウト評

 日本ハム・大渕スカウト部長「規格外。エンジンと、それをコントロールする投球センスがある。大谷はエンジンは持っていたけど、それを制御するコントロールがなかった」

 ツインズ・高橋国際スカウト「大谷以上になる期待が持てる。足の上げ方はノーラン・ライアンみたい。まだまだスピードが出る。スライダーやフォークもすごい。これこそ『何も言えねぇ』」

 ロイヤルズ・大屋国際スカウト「マイル表示で99(約159キロ)が出たのは(元キューバ代表エースの)コントレラス以来。びっくりした。質のいい99マイル。きれいな直球を投げる。一番きれいなシャドーピッチングのモーションで球を放っている感じ」

 阪神・畑山統括スカウト「すごいの一言。ちょっと違う。スピードだけじゃなく、スライダーや他の変化球もしっかり投げられる。伸びしろもあるし、完成度が高い投手。近年で言うと(藤浪)晋太郎や大谷以来のスケールの大きさを感じる」

 中日・松永編成部長「変化球もいいし、もの的には素晴らしい。常時150キロが出る。投げ方もいいし、故障もないんじゃないか」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請