【阪神】上本、今季初タイムリーとなる代打で2点打 岩貞は4回4失点で降板

阪神・岩貞
阪神・岩貞

◆広島―阪神(6日・マツダスタジアム)

 阪神・上本が、今季初タイムリーとなる2点適時打を放った。4点を追う5回無死二、三塁で、先発の岩貞に代わる代打で登場。外角のチェンジアップを中前に運んで2点を返した。

 先発の岩貞は4回6安打4失点(自責3)。先月30日のヤクルト戦(京セラD)は、7回途中無失点で今季初勝利を挙げていたが、悔しい降板となった。「常にランナーを背負う投球になってしまい、昨日の良い流れを生かすような投球ができず、チームに申し訳ないです」と反省しきりだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請