【DeNA】国吉 自己最速161キロ 日本人5人目の160キロ超え

スポーツ報知
5回から2番手で登板し、3者三振に抑えた国吉佑樹

◆DeNA―巨人(6日・横浜)

 DeNAの国吉佑樹投手(27)が6日の巨人戦(横浜)で自己最速を2キロ更新する161キロをマークした。日本人の160キロ超えは、大谷(日本ハム)、由規(ヤクルト)、千賀(ソフトバンク)、藤浪(阪神)(所属は当時)に次いで5人目。

 国吉は3点リードの5回から2番手でマウンドに上がった。連続三振で2死を奪うと、3人目のゲレーロに対し1ボール2ストライクからの5球目が球場表示で161キロをマークした。外角低めのボールとなったが球場が沸いた。ゲレーロもカットボールで空振り三振。この回を3者連続三振に仕留めた。

 国吉は先月21日の日本ハムとのオープン戦(横浜)で自己最速を1キロ更新する159キロをマーク。160キについて「いつかは出したいですね」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請