【広島】マツダ3連敗…V3中は各年1回 緒方監督「僅差勝ち増やさないと」

ベンチで渋い表情の広島・緒方監督(前方左)
ベンチで渋い表情の広島・緒方監督(前方左)

◆広島2―3阪神(5日・マツダスタジアム)

 広島が2連敗で2日以来の単独最下位。先月31日から続く最下位(タイを含む)を脱出することはできなかった。

 先発・大瀬良大地投手(27)は6回まで5安打1失点と粘投したが、1点リードの7回2死一塁、代打・中谷に決勝の逆転2ランを浴びた。外角を狙った直球がシュート回転して真ん中高めに入ってしまった。「2ランを打たれるまでは粘り強く投げたと思います。あの1球が失投になった。防げたボールだった」と振り返った。

 先月30、31日(巨人戦)に続き本拠地では3連敗。昨季までの3連覇中に

 ▼16年7月24日(阪神戦)、29、30日(DeNA戦)

 ▼17年4月19、20日(DeNA戦)、25日(巨人戦)

 ▼18年9月5、6日(阪神戦)、11日(DeNA戦)

 と、各年1度しかなかったマツダでの3連敗を早くも記録した。

 それでも緒方孝市監督(50)は「大地はしっかり試合を作ってくれた。打線も援護の形を作れている。僅差で勝てなかったのは悔しいが、こういう展開で勝ち切る試合を増やしていかないと」と前を向いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請