森内俊之九段、1期で退任…将棋連盟理事選に出馬せず 

 日本将棋連盟理事の任期満了に伴う予備選挙の立候補が5日午後5時に締め切られ、専務理事の森内俊之九段(48)は届け出ず、1期で退任することになった。

 同い年の羽生善治九段(48)と小学生時代からのライバルとして知られる森内九段は、名人のタイトルを通算8期獲得し、永世名人(十八世名人)の資格保持者。不出馬について「残る任期まで職務に全力を尽くしたい」と話している。

 2017年3月、名人を目指す順位戦で最高峰のA級からB級1組に陥落したことを受け、順位戦参加資格がないフリークラスへの転出を宣言した。同年4月の連盟理事予備選挙に立候補し、当選。佐藤康光会長(49)に次ぐNo2の立場である専務理事として公務に就いていた。

 将棋連盟の常勤理事は8人。任期は2年で、予備選挙を経て6月の通常棋士総会で選出される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請