【箱根への道】日大のドゥングらケニア出身の新人にも注目

 学生駅伝界に新たな風が吹く。王者・東海大や巻き返しに燃える青学大、東洋大など、新入生の動向に迫った。

 ケニア出身の新人留学生も注目だ。日大には実業団の小森コーポレーションに4年間所属していたチャールズ・ドゥング(23)が進学。12年に札幌山の手高に入学し、来日8年目のドゥングは将来、指導者を目指しており、スポーツ科学部で勉強と競技に励む。

 東京国際大には仙台育英高からルカ・ムセンビが入学。拓大にはジョセフ・ラジミ、山梨学院大にはボニフェス・ムルアが加わった。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請