【箱根への道】新王者・東海大に異色の新人・長壁佳輝

東海大ルーキーコンビの富山直弥(左)と長壁佳輝
東海大ルーキーコンビの富山直弥(左)と長壁佳輝

 学生駅伝界に新たな風が吹く。王者・東海大や巻き返しに燃える青学大、東洋大など、新入生の動向に迫った。

 箱根駅伝の新王者・東海大に異色の新人が入学した。5000メートル自己ベストが15分28秒34の長壁佳輝(大阪・大阪高)だ。持ちタイムは大きく後れを取っているが、長壁は「一番下から上がっていくだけ。3年目で駅伝メンバーを狙いたい」と臆することなく話した。昨年の全国高校総体3000メートル障害6位の富山直弥は3月31日の東海大競技会で1500メートルを3本走り、3本目に4分3秒34で走るなど好調。「周りは強い先輩ばかり。不安もあるが、東海大で競技をできる期待の方が大きい」と目を輝かせた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請