川内優輝、世界へ弟・鮮輝と共闘「2人で日の丸を背負えるように」

記者会見で川内優輝(中央右)は家族と一緒にガッツポーズを決めた(左から母・美加さん、次男・鮮輝、1人おいて三男・鴻輝=カメラ・中島 傑)
記者会見で川内優輝(中央右)は家族と一緒にガッツポーズを決めた(左から母・美加さん、次男・鮮輝、1人おいて三男・鴻輝=カメラ・中島 傑)

 1日にプロ転向した元公務員ランナー・川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損害保険=が4日、アスリート向けイヤホンブランド「Jaybird」とのスポンサー契約会見に出席した。会見には17年11月から同社と契約しているプロランナーの長弟・鮮輝(よしき、28)に加え、久喜市議会議員の末弟・鴻輝(26)=MEDIFOAM=、母・美加さんも登場した。

 マラソンで今秋のドーハ世界陸上などを目指す優輝は「鮮輝がプロとして走る中でどんどん記録を伸ばしたことが転向のきっかけ」と振り返る。42・195キロより長いウルトラマラソンを主戦場とする鮮輝は、ともに世界を目指す“同志”。「2人で日の丸を背負えるように」と兄が言えば、昨年あとわずかで世界選手権代表を逃した長弟も「世界一目指して、相乗効果で頑張りたい」と意気込んだ。

 6月から北海道・釧路で行う約2か月の合宿には、5月に結婚する元実業団ランナーの水口侑子さん(33)も同行。「やはりランナーとランナー。まだまだ挑戦してほしい」。第一線を退いた婚約者へのリクエストも忘れなかった。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請