【ディズニー報知】TDLのセレブレーションタワーが消えた…TDRイースター公開

TDLのシンデレラ城(カメラ・橘田 あかり)
TDLのシンデレラ城(カメラ・橘田 あかり)

 東京ディズニーリゾート(TDR)で4日から春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」がスタートするのに先立ち、プレスプレビューが3日、開催され、先行公開された。

 春のイースターが始まったことで、冬のイベントは終了したことになるが、3月まで1年間にわたって東京ディズニーランド(TDL)で大展開されていたTDRの開園35周年アニバーサリーイベント「TDR 35周年“Happiest Celebration!”」がフィナーレを終えていた。同時に1年間にわたってTDLのワールドバザールにそびえていた「セレブレーションタワー」が撤去されていた。

 セレブレーションタワーは、ワールドバザール中央の交差点に建っていた高さ10メートルのモニュメントで、開園時からこれまでの歴代周年コスチュームを着たミッキーマウスの像が上から9種類、らせん状に並び、これまでの周年ロゴの変遷などが一覧できる巨大な塔だった。夜はプロジェクションマッピングが投影され、セレブレーションストリートになっていた。

 この塔があったことで、エントランスからワールドバザールの奥に建っているシンデレラ城が見えにくくなっていたが、撤去後初の報道公開でエントランスからワールドバザールに向かってシンデレラ城が見渡せ、夢と魔法の国に来たことが実感できる。これこそ、本来のディズニーランドだ。セレブレーションタワーを惜しみつつ、今年の幸せを考えよう。昨年度はこの塔のため、設置できなかった七夕イベントでの笹の吹き流し、クリスマスイベントでのクリスマスツリーが今年は復活することを意味しているのだ。

 TDRのイースターは、TDLではパレード「うさたま大脱走!」を2年ぶりに公演。ウサギの耳がついたタマゴのキャラクター“うさたま”がヘンテコ楽しいドタバタ大騒動を繰り広げる。東京ディズニーシー(TDS)のイースターは、今年からテーマを一新し、新キャラクターの“うさピヨ”が初登場。メディテレーニアンハーバーの新しいハーバーショー「Tip‐Top イースター」で、ミッキーマウスとディズニーの仲間たちが、“うさピヨ”と一緒にイースター・ファンフェアを開催し、ダンスコンテストなどで盛り上がる。TDRのイースターは4日から6月2日までの60日間開催される。

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。1デーパスポートはTDL、TDSそれぞれ大人7400円ほか。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請