競馬学校騎手課程に通算16人目の女性新入生 今村元騎手の娘・聖奈さん

スポーツ報知
騎手課程入学式で娘の今村聖奈さんと握手する元騎手の今村康成氏(カメラ・池内 雅彦)

 JRA競馬学校騎手課程第38期生の入学式が2日、千葉県白井市の競馬学校で行われた。110人の受験者から9人が合格し、入学。午前10時から1年先輩の第37期生の騎乗供覧、同11時から入学式典となった。2001年の中山大障害・G1をユウフヨウホウで勝った元騎手の今村康成調教助手(41)=栗東・飯田祐史厩舎=の長女の聖奈さん(15)は「JRAの女性騎手として初めてG1を勝ちたい」と抱負を語った。

 2001年の日本ダービーをジャングルポケットで勝った元騎手の栗東・角田晃一調教師(48)の次男・大河君(15)は「両親、友人からはシンプルに『頑張れ』と言われました」と話し、「馬主はじめスタッフに信頼してもらった馬で勝つことが一番」と話した。兄の大和君も現在競馬学校に在学中で、兄弟での騎手デビューを目指す。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×