【西武】4年目の本田圭佑が開幕6戦目先発へ 内海、榎田ら離脱で白羽の矢

西武・本田圭佑
西武・本田圭佑

 開幕6戦目の先発投手が本田圭佑に決定した。

 開幕ローテ入りが決まっていた内海、榎田がけが、松本航が肺炎と先発陣が相次いで離脱。救世主として白羽の矢が立った。

 2軍では3月19日の楽天戦(西武第二)に先発し、7回2安打1失点の好投。ファームからの推薦で抜てきされた。チームは5年ぶりの、開幕から3戦連続黒星スタート。4年目右腕は「実力を発揮できるように準備して、チームの勝利に貢献したい」と熱を込めた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請