金村義明さん、「給付金詐欺」被害を寸前で食い止め…かけ子に「お前どこから詐欺しとんねん」

金村義明さん
金村義明さん

 元プロ野球選手の金村義明さん(55)=スポーツ報知野球評論家=が1日に放送されたMBSラジオ「上泉雄一のええなぁ!」(月~金曜・後3時半)に出演し、「給付金詐欺」被害にあいかけたものの寸前で食い止めたこと明かした。

 金村さんによると、ある日「累積医療費給付金」が振り込まれるという内容の電話がかかってきたという。「なんやねん、オレオレ詐欺か! と言うたら『市役所の人や!』と怒ってんねん」と、電話の相手は“本物”であることをアピール。相手は金村氏の携帯電話なども含む個人情報を全て知っていて、給付金を受け取るには「支店ではなくATMだけのところ」に行くように指示してきた。そしてATMに着くと「コールセンターに電話してくるよう」伝えてきたという。

 金村さんは「女房が必死やから。俺は『そんなん、聞いたことないぞ!』と言ったが。女房は機械音痴やから『あんた、行ってきて』と。そこ(コールセンター)にかけたら電話に出なくて、かけ直してきた。そこで俺が気付いた。コイツどこまで言うか、やらしてみよ」と、かけ子に対して反撃を開始した。

 相手が現在の預金総額を聞いてくると「思いっきり、ごっつい金額を言って」相手を油断させた。やりとりの末、相手が「『送金をして下さい』と言うと俺も飽きてきて。おいおい、なんで送金するんや? お前どこから詐欺しとんねん」と一喝。その際、電話の向こう側ではたくさんの声がしていたという。「お前の下の名前、何や。これから支店長に会うから。お前、これ完全に詐欺やな」と言うと、電話は切れたという。

 その後、金村さんは銀行のアドバイスもあり警察に即通報。すると、東京・杉並区を中心に同様の「給付金詐欺」電話がかかっていたことが判明した。金村さんは「(改元発表で)浮かれている場合じゃないですよ。(詐欺は)そこまでやって来ていますよ」と注意を呼びかけていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請