走り高跳び日本記録保持者・戸辺「新時代1号になりたい」令和で新記録へ

JAL入社式に出席した陸上走り高跳びの戸辺直人(左)
JAL入社式に出席した陸上走り高跳びの戸辺直人(左)

 男子走り高跳びの世界ランク6位で日本記録保持者の戸辺直人(27)が1日、都内でJALグループの入社式に出席した。2月の室内競技会(ドイツ)で2メートル35をマークし、13年ぶりに日本記録を樹立。アスリート採用で今春から同社所属となり「社業はもちろんですが、来年に迫った東京五輪で金メダルを取れるように頑張りたい」と抱負を語った。

 式の途中には、新元号「令和」が発表された。印象を問われた戸辺は「初めて聞いたのでしっくり来ないのが正直なところ。新時代に新生活を始められるので心機一転頑張りたい」とコメント。「メダルもそうですし、日本記録もそうですが、新時代1号になりたい。いろいろ1号になれるように頑張りたい」と、日本記録保持者の自負をのぞかせた。

 4月にアジア選手権(4月21~24日・ドーハ)、秋に世界選手権(9~10月・ドーハ)を控える。「東京五輪に向けてすごく重要な1年。シーズン終わりの世界選手権に向けて飛躍していける1年にしたい」と意気込んだ。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請