市川由紀乃が島倉千代子さんの墓前で決意表明「清々しい気持ちです」

島倉千代子さんの墓前で決意を新たにした市川由紀乃
島倉千代子さんの墓前で決意を新たにした市川由紀乃

 歌手の市川由紀乃(43)が31日、2013年に肝臓がんで死去した歌手の島倉千代子さん(享年75)の墓がある東京・東海寺大山墓地で、座長を務める大阪新歌舞伎座特別公演「島倉千代子七回忌追善 人生いろいろ~島倉千代子物語~」(大阪新歌舞伎座、7月5日公演)への決意表明を行なった。

 市川は初座長公演となる同舞台で、島倉さんを演じる。「ずっと来させていただきたいと思っていた」という偉大な大先輩の墓前に手を合わせ、「尊敬する先輩の力を借りたいと手を合わせました。清々しい気持ちです」。舞台ではウェディングドレス姿も初披露するが「これから着られるか分からないので。大先輩を演じる舞台で経験できるとは思ってませんでした」と来る舞台に期待を寄せた。

 演じるに当たってプレッシャーもあった。「島倉さんのファンは(島倉さんと)一緒に歩んで、歌声や笑顔に力をいただいてきたと思う。そういうイメージを大切にして演じていきたい」と気を引き締めた。島倉さんとは3回ほど共演がある。「私が10代の頃、ラジオの公開録音でご一緒させていただきました。楽屋にごあいさつに行って、『頑張ってね』と言ってくださったことは忘れません」。島倉さんの印象については「少女のような、真っ白で、かれんが似合う女性です」と語った。

 4月1日には新元号が発表されるが「一から始めようという思いで明日を迎えたいです」と意気込んだ。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請