藤井聡太七段が詰将棋チャンピオン戦5連覇!「これからの時代に活躍できる棋士に」

5連覇を達成した藤井聡太七段(右)と準優勝の斎藤慎太郎王座
5連覇を達成した藤井聡太七段(右)と準優勝の斎藤慎太郎王座
5連覇を達成して表彰される藤井聡太七段
5連覇を達成して表彰される藤井聡太七段

 詰将棋の解答の正確さ、速さを競う「第16回詰将棋解答選手権」のチャンピオン戦が31日、全国3会場に98人が参加して行われ、名古屋会場で参戦した藤井聡太七段(16)が小学6年(12歳)だった2015年からの5連覇を達成。自身の連続V記録を更新した。

 藤井七段は前半の第1ラウンドで誤記があり、50満点中49・5点。全国3位でターンした。後半の第2ラウンドも2つ記入ミスをしたが、合計で98・5点。過去6度の優勝経験がある宮田敦史七段(37)が東京会場で参加し、前半を50点満点で突破したが、後半では最後の問題が解けずに脱落した。

 藤井七段は「残り5分でまだ解けていない問題があったので、優勝という結果は望外だなと思います」とコメント。4月1日に新元号が発表されるが、次代のタイトルホルダー候補は「元号が変わるのは生まれてから初めてなので感慨深い。これからの時代に活躍できる棋士になりたい」と宣言した。

 準優勝は同じく名古屋会場で参戦した斎藤慎太郎王座(25)だった。合計96点で「ここ数年、7、8問しか解けず順位を落としてしまったが、(隣にいた)藤井さんが解く勢いに乗せられたかな。でも全問正解できず、悔いはあります」と話していた。

5連覇を達成した藤井聡太七段(右)と準優勝の斎藤慎太郎王座
5連覇を達成して表彰される藤井聡太七段
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請