【鹿島】採点&寸評…後半1分の失点響き磐田と手痛いドロー

スポーツ報知
鹿島の先発布陣

◆明治安田生命J1リーグ▽第5節 磐田1―1鹿島(30日・ヤマハスタジアム)

 鹿島は1―1で磐田と引き分けた。0―0で迎えた後半1分に一瞬の隙を突かれて失点。直後から5バックで自陣を固めた磐田の守りに苦戦した。後半39分のMFレオシルバの同点弾で敗北は免れたが、今季勝利なしの磐田を相手に悔しいドローとなった。

 採点と寸評は以下の通り。

大岩剛監督【5・0】勝ち点2を失った試合

GK権純泰【6・5】スーパーセーブをスーパーセーブに見せない抜群のポジショニング

DF内田篤人【6・0】打撲による後半13分の交代はチームにとって痛手だった

DF犬飼智也【6・5】剛と柔で立ちふさがる。アダイウトンを封じ、ボールコントロールも安定

DF町田浩樹【5・5】失点直結の中途半端クリアに本人も反省の弁。ほぼノーミスなだけに悔やまれる

DF安西幸輝【6・0】同点弾演出。欲を言えば「右で作り左で仕留める」流れの前半に結果残したかった

MF永木亮太【6・0】不思議で不気味な位置を取り続ける大久保に目を配る。後半途中から右SBへ

MFレオシルバ【6・5】完璧ワンツーからのコントロールショットに記者席からため息漏れる。固めた相手へのお手本ゴール

MFレアンドロ【6・0】1か月前はビクともしなかった相手DFが今や次々倒れるキックフェイント。ループ失敗は要反省

MF土居聖真【6・0】キレとスピードで存在感。コンディションは良好、だからこそシュートに持ち込みたい

FWセルジーニョ【5・5】5バックを崩すだけのコンビネーションを築けず

FW伊藤翔【6・0】スペースがない中でむやみにサイドに逃げず、シュート4本はさすが

MF三竿健斗【5・0】後半13分IN。背伸びをしてしまう。通常のレオとのコンビ時の役割を全うするだけでよかった

MF安部裕葵【6・5】後半26分IN。ミス後のフォロー速く、相手に流れを渡さず

福島孝一郎主審【6・0】流しっぷりに会場どよめく。是々非々だが、倒れすぎ風潮のJに一石を投じるジャッジ基準でもあった。磐田高橋へのイエローはよく見ていた

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×