坂本冬美、マルシアからの香水で女子力アップ

コンサートを行った坂本冬美(左)とゲストのマルシア
コンサートを行った坂本冬美(左)とゲストのマルシア

 歌手の坂本冬美(52)が29日、都内で限定150人を招待した一夜限りのスペシャルコンサートを行った。

 昨年発売した恩師・猪俣公章氏の生誕80周年記念のカバーアルバム「坂本冬美 ENKA3 ~偲歌~」から「港町ブルース」「君こそわが命」など10曲を披露。アンコールでは同じ猪俣門下生で、妹弟子のマルシア(50)がゲスト出演し、「大阪ラプソディー」をデュエットした。

 30日に52歳の誕生日を迎えるが、坂本は「歌を愛する気持ちは変わらない。元気で歌えることが幸せ。皆さんに感謝して過ごしたい」。マルシアからはびわの香りの香水を贈られ、早速使用。「同じ匂いでステージにいます。甘くていい香り。女子力がアップしますね」と喜んだ。これまで使っていた香水は吉幾三(66)と同じタイプ。「ようやく替えられます。吉さん(の匂い)から」と笑わせた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請