【センバツ】桐蔭学園・森、OB高橋由伸氏目前で3安打もベース空過反省「練習が足りない」

1回2死、左越えに二塁打を放つ桐蔭学園・森(啓新の投手・安積=カメラ・谷口 健二)
1回2死、左越えに二塁打を放つ桐蔭学園・森(啓新の投手・安積=カメラ・谷口 健二)

◆第91回センバツ高校野球大会第5日 1回戦 啓新5―3桐蔭学園(27日・甲子園)

 昨秋の関東王者・桐蔭学園(神奈川)は、春夏通じて初出場の啓新(福井)に敗れ、初戦突破はならなかった。OBのスポーツ報知評論家・高橋由伸氏(43)=前巨人監督=が観戦に訪れる中、プロ注目の好打者で主将の森敬斗遊撃手(3年)が3安打の活躍を見せたが、16年ぶりの甲子園勝利はつかめなかった。

 左翼線の打球を夢中で見つめた。1点を追う5回1死。森が二塁打を確信し膨らんだ瞬間、すでに一塁ベースの直前だった。空過して踏み直し、単打止まり。「慌てていたと思う。打球を見ていて情けない」。人生初の珍事だった。初回には神田一汰が芝に足を取られ、先制右越え三塁打を許した。森は「甲子園の雰囲気に浮ついて、自分を見失っていた選手が多かった。主将として責任を感じる」。横浜に続く神奈川勢2校の初戦敗退は、08年(慶応、横浜)以来2度目となった。

 それでも、由伸氏の前で初回に左中間二塁打。7回1死三塁で「何か起こせたら」と遊撃適時安打を放った。差し入れられた「Y24」パーカのお礼に、由伸氏の91年夏2回戦(柳ケ浦戦)と並ぶ3安打で1打点。先輩の高校時代の映像を見て磨いた技術で逆方向に運び「自分のスイングができた」と気を吐いた。

 巨人・長谷川スカウト部長は「バネがあるし、体にバットがついてくる。田中広(広島)、井口(ロッテ監督)の高校時代と比べても、遜色ない」。日本ハム・山田スカウト顧問は「小園(広島)タイプ。今大会の遊撃で1番かな」と認めた。

 由伸氏の2学年先輩の片桐健一監督(45)は「高橋だけでなく地元のため、何としても1勝したかった」と悔やんだ。「偉大な先輩方が踏んだ土に長くいたかった。2打席目(2回2死満塁の3球三振)を忘れないように」と森。「練習が足りない」と6度、繰り返した大きな瞳は、真っすぐ前を向いていた。(山崎 智)

 ◆森 敬斗(もり・けいと)2002年1月28日、静岡市生まれ。17歳。清沢小3年から服織野球スポーツ少年団で野球を始め、藁科中時代は島田ボーイズでプレー。桐蔭学園では1年夏からベンチ入り。50メートル走5秒8。遠投110メートル。175センチ、68キロ。右投左打。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請