長渕剛、大工の棟梁役で21年ぶり映画主演 テーマは「愛と信念」…来年公開「太陽の家」

21年ぶりに映画主演する長渕剛(カメラ・小泉 洋樹)
21年ぶりに映画主演する長渕剛(カメラ・小泉 洋樹)

 シンガー・ソングライターの長渕剛(62)が映画「太陽の家」(来年公開、権野元監督)に主演し、大工の棟梁(とうりょう)を演じることが27日、決まった。

 映画は一匹狼(おおかみ)のヤクザを演じた「英二」(1999年)以来。ピストルを鉋(かんな)や金づちに持ち替え、21年ぶりにスクリーンに帰ってくる。

 11年に東日本大震災を経験。15年には富士山麓で10万人オールナイトライブを達成した。この間、「生きること」と向き合い、「家族とは何か」「血のつながりとは何か」の自問自答を続けてきた。たどり着いたテーマは「愛と信念」。長渕は「子供っていいな。親子の情愛っていいよな。愛情って血のつながりだけじゃないよなとか、柔らかい気持ちになれるような作品にしたい」。この思いを反映させ、映画「桜田門外ノ変」(10年)などの江良至氏が脚本を務める。

 演じるのはやんちゃで人情味の厚い大工職人。シングルマザーに育てられた少年と出会い、「俺が男にしてやる!」と血が騒ぐ。なかなか懐かれないが、次第に心を通わせる2人。この親子のために、と家を建てることを思い立つ。

 長渕は女優・文音(31)ら2男1女の父親。我が子の成長が、今作に与えた影響は大きいという。「いくつになってもかわいいですね、子供は。顔を見た時には『好きだよ』『愛しているよ』と言うことだけは、務めている。実人生の中から、いろいろな破片を拾い集めて、リアリティーを持ってやっていきたい」

 10人が残った子役の最終オーディションにも立ち会い、童心に帰った。「子供が大好きなんです。持ち上げたり、かわいかったね」と目尻を下げた。「血のつながりほど厄介なものはないけど、血のつながりがあるからこそ頑張れる。誰もが感じる温かい声、怒りや悲しみを堂々と表現してみようと思う」。4月のクランクインを前に、理想の家族像を追求していく。

 ◆太陽の家 神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎(長渕)は年ごろの娘、しっかり者の女房と幸せに暮らす。弟子たちと仕事に励んでいると、保険会社の営業ウーマンが通りかかる。彼女はシングルマザーで、その息子・龍生は父親を知らずに育ったという。少年が気になる川崎は、次第に距離を縮めていく。ある日この親子に家を作ろうと思い立つが、突如、少年の父と名乗る男が現れる―。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請