大学院生ボクサー・坂本真宏が現役続行。再起戦は5・26アジア王座戦

次戦へ向けて意気込む坂本真宏(中)とストロング小林佑樹(右)。左は大阪市大・荒川哲男学長
次戦へ向けて意気込む坂本真宏(中)とストロング小林佑樹(右)。左は大阪市大・荒川哲男学長

 昨年大みそかの世界初挑戦で敗れた現役大学院生ボクサー・坂本真宏(28)=六島=が27日、工学研究科に在籍する大阪市大で会見し、現役続行を表明した。再起戦は5月26日に大阪市大第二体育館で、WBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦に出場。同級2位の坂本が、同級3位の阪下優友(角海老宝石)と空位の王座を争う。

 坂本は昨年末のIBF世界フライ級タイトル戦で、王者のモルティ・ムザラネ(南アフリカ)に10回終了TKOで完敗。去就を迷っていたが、大阪市大・荒川哲男学長(68)から大学構内での復帰戦開催を提案され奮起した。「いろんな方の応援があって世界挑戦ができた。また前に進んでいくことが応えることになる。次に向かって頑張りたい」と気合。同大学構内でプロスポーツの興行が行われるのは初となる。

 また、セミファイナルでは、坂本の同僚でWBOアジアパシフィックバンタム級14位・ストロング小林佑樹(27)=六島=が、同級王者のベン・マナンクィル(フィリピン)に挑む。小林は栗原慶太(一力)に判定負けした昨年12月の東洋太平洋同級王座決定戦では、タイムキーパーのミスにより第6ラウンドが4分(通常3分)、同ラウンド後のインターバルが2分(通常1分)あるなど、後味の悪さが残った。王座挑戦は今回で4度目(日本非公認王座挑戦1度含む)となり、「いろいろあったが、今度こそ勝って期待に応えたい」とランキング下位からの番狂わせを狙う。

 通算成績は坂本が13勝(9KO)2敗、阪下が17勝(12KO)8敗3分け、マナンクィルが17勝(4KO)1敗3分け、小林が14勝(8KO)8敗。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請