東京メトロが2020年4月に「女子駅伝部」創設 監督にアトランタ五輪4位の志水見千子氏

志水見千子(左から2人目)
志水見千子(左から2人目)

 東京地下鉄道株式会社は26日、2020年4月に「女子駅伝部」を創設することを発表した。監督には1996年アトランタ五輪5000メートルで日本女子トラック種目68年ぶりとなる4位入賞を果たした志水見千子氏(48)が就任。クイーンズ駅伝出場、優勝を目指すほか、東大スポーツ先端科学研究拠点との共同研究も行う。

 活動拠点は東京・中野区周辺に設置し、沿線をはじめとした地域・社会の活性化への貢献も活動目的となっている。2020年東京五輪開催のタイミングでの発足により、大会後のレガシーとする。

 志水氏は京都・網野高から実業団・リクルート入り。アトランタ五輪の5000メートルでは15分9秒05の日本新記録(当時)で4位。99年セビリア世界陸上、2000年シドニー五輪でも代表入り。01年の退社後は京産大陸上部の女子長距離コーチなどを務めた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請