立川志らく、白鵬の三本締め物議に「風習の意味をきちんと教えてあげないと」横審の“苦言”にも違和感

立川志らく
立川志らく

 落語家の立川志らく(55)が26日、自身のツイッターを更新。大相撲春場所で通算42度目の優勝を果たした横綱・白鵬(34)=宮城野=が観客に呼びかけて三本締めした振る舞いに対し、日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が“苦言”を呈した問題について「そもそもの風習の意味をきちんと教えてあげないといけない」と見解を示した。

 問題視されたのは土俵脇での優勝インタビューの最後、ファンに「大相撲の発展を祈念して」と促して音頭を取ったこと。25日に東京・両国国技館で行われた横審の定例会合では「相撲協会を引っ張る第一人者だから、あるまじき行為」という厳しい意見も噴出し、横審の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は三本締めについて「横綱といえども、一力士としてやれる立場にあるか疑問。(過去に)万歳して問題になった。『おかしいんじゃないか』という意見を理事のみなさんに伝えた」と語った。

 志らくは「三本締めとはその行事の主催者が協力者達に感謝して行うものをいう。その意味からすると白鵬ではなく協会の理事長が行うべきものなのです」とした上で、「白鵬のサービス精神は立派。だが、そもそもの風習の意味をきちんと教えてあげないといけない」と提言。

 さらに「万歳三唱は全員がめでたい時にやるもの。白鵬後援会でやるなら問題はない。本場所では白鵬のファン以外の客もいるわけで万歳をやるのはおかしい」とし、「くどいけど白鵬の気持ちは否定しない。よかれと思ってやっているのだから。上の人が教えてあげればいいだけ」とした。

 さらに連続で「素晴らしい全勝優勝した後にこんなことでケチをつけられたら気の毒です。万歳の時にちゃんと教えなかったのかなあ。万歳がダメなら手締めならいいと思ったのか?そんな馬鹿な。ただ注意しただけでその風習の意味を教えていないんだ」とツイート。

 横審の姿勢について「苦言を呈するなんて言わずにこっそりと教えてあげればいいだけ。なんで全勝優勝した横綱に恥をかかせるのか、です」とつづっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請