安藤サクラ、広瀬すずに珍エール「連絡先知らないけど、夫に電話番号聞いて…」朝ドラバトンタッチ式

NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン・安藤サクラ(右)からバトンを受ける「なつぞら」のヒロインを務める広瀬すず
NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン・安藤サクラ(右)からバトンを受ける「なつぞら」のヒロインを務める広瀬すず

 NHK朝の連続テレビ小説(月~土曜・前8時)のヒロインバトンタッチ式が26日、都内の同局で行われ、「なつぞら」(4月1日スタート)の広瀬すず(20)と「まんぷく」(30日最終回)の安藤サクラ(33)が出席した。

 昨年6月からクランクインした広瀬は「(まんぷくの)オープニングの曲を聴きながら撮影していた。今、大阪でも撮影しているのかなと想像していた。それを終えられて、お疲れさまという気持ちでいっぱいです」と思いを伝えた。

 「まんぷく」で、「ゲゲゲの女房」(2010年)のヒロインだった松下奈緒(34)と共演した安藤は「松下奈緒ちゃんから『ヒロインって、ヒロインにしか分からない気持ちがどこかにあるから』という言葉をかけてもらった時に、すごい心強くて、温かい気持ちになった」。その上で「100人以上ヒロインの人いるから、困ったら、電話帳開いて、連絡先知らないけど、私にでも電話くれたら、『頑張れ』くらいは言える。もしあれだったら、夫(柄本佑)も『なつぞら』出てるから、家の電話番号でも聞いてもらって」とサクラ節で激励した。

 安藤から「なつぞら」のロゴをあしらった特注の「まんぷくヌードル」5箱分を贈られた広瀬は、「うれしいです。ありがとうございます」と大喜び。

 一方、北海道の十勝ロケで広瀬が気に入ったという「とろーりチーズパン」を贈られた安藤は「まんぷくです! めっちゃ、おいしい」とハイテンション。さらに「なつぞら」で「あわよくば、エキストラに福ちゃんで出たい。後ろ姿でもいいから」とおねだりすると、広瀬は「歴代ヒロインの方も結構出て下さっているので」と歓迎。制作統括の磯智明氏氏も背後で、うれしそうに大きくうなずいていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請