霜降り明星・粗品、R―1賞金で大勝負! 大阪杯PR隊就任

大阪杯のPR隊に就任した(前列左から)ミサイルマンの岩部彰、西代洋、アキナの山名文和、秋山賢太(後列左から)霜降り明星のせいや、粗品、ミキの亜生、昴生
大阪杯のPR隊に就任した(前列左から)ミサイルマンの岩部彰、西代洋、アキナの山名文和、秋山賢太(後列左から)霜降り明星のせいや、粗品、ミキの亜生、昴生

 お笑いコンビ・霜降り明星、ミサイルマン、アキナ、ミキの4組がJRAの大阪杯(31日・阪神競馬場)PR隊に就任し、25日に大阪・中央区のなんばグランド花月で就任式イベントに出席した。

 霜降り明星・粗品(26)は大の競馬好きとして知られる。「M―1グランプリ2018」、今年の「R―1ぐらんぷり2019」の2冠に輝くなど仕事は絶好調だが、競馬については「今年はクソですよ。まだ1回も勝ってないんです」と苦笑い。

 年末の有馬記念では、大阪杯にも出走予定のキセキに50万円を突っ込んだものの5着と惨敗。「でも、お前はM―1とR―1で優勝してキセキ(奇跡)を起こしたやないか」とミサイルマン・西代洋(38)にうまく慰められたものの、「R―1の賞金で大勝負します!」と宣言。500万円の賞金から、有馬記念並みに50万円程度の勝負をかけるつもりだ。

 4月から東京進出するミキ・亜生(30)は「東京の引っ越し代が160万円かかってるんで、これで取り返したい」と気合十分。ミキと霜降り明星は東京に拠点を移すため、西代からは「大阪を捨てたヤツがなんで大阪杯をPRするねん!」とツッコミ。アキナ・秋山賢太(35)が「大阪を代表して東京に行くねんな。捨てたとか言わんとってあげて」と優しくフォローすると、一斉に「優しい! だから女子アナと結婚できるんや」と納得していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請