稲垣&草ナギ&香取が「パラ駅伝」登場 草ナギが力走みせる

閉会式後のライブで熱唱した(左から)香取慎吾、草ナギ剛、稲垣吾郎
閉会式後のライブで熱唱した(左から)香取慎吾、草ナギ剛、稲垣吾郎

 日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務める稲垣吾郎(45)、草ナギ剛(44)、香取慎吾(42)が24日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われた「パラ駅伝 in TOKYO 2019」に参加した。

 昨年に続く参加で、今回は草ナギがゲストチーム「i enjoy!」のランナーとして参戦。カンボジアチームの猫ひろし(41)らと第4区(2・3キロ)を力走した。タスキを受けた直後こそ、猫に負けじと猛スピードで競技場を駆け抜けたが、戻って来た時はヘロヘロ。香取から「最初の勢いはどうした!」とゲキを飛ばされ、1万7500人の観客の声援に支えられながら、何とか11分56秒で次の走者にタスキをつないだ。猫は7分35秒だった。

 草ナギは「猫さんが速すぎて、調子に乗ったんですけど…」と肩で息をしつつ「超気持ちいい! 感動した」と水泳・北島康介選手(36)の名フレーズで満面の笑み。「あと一歩というところが何十メートル先にも感じた。今日から鍛えます」と約束した。

 フィナーレでは3人が特別ライブを行い、昨年の大会で初披露した「雨上がりのステップ」など2曲を披露した。「雨上がり―」は売り上げ約2300万円の全額あパラスポーツの支援にあてられており、稲垣は「まだまだ支援対象の大会が残っているので、もっと輪が広がっていったら」、香取も「皆さんの支援が大きなパワーになる。それが本当にうれしいこと。これからもパラスポーツを盛り上げましょう!」と呼び掛けた。

 駅伝は栃木県のチーム「ベリーグッド とちぎ」が優勝した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請